スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
投稿日:--/--/--
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
言葉
私の言葉は
誰かに届きますか?

一人ぼっち。。。
ぽつりぽつりと繰り出される
言葉の形をした
心のかけらたちは
行き先を失った
ただの独り言

伝えるために
届けるために
生まれてきたのに

無駄だったね
ごめんね

私の言葉は
誰にも届かないまま
どこにも行く当てがない

仕方がなく
私の心に戻っては
凍り付いていく

春だのいうのに
言葉の氷が
心の深いところに
広がり続けて
もう。。。
身動きすらできない

あきらめなよ
どうせ無駄なんだから

何度も何度も
心にそう諭すけれど
それでも言葉は
止むことはない

誰かにわかってほしくて
心は言葉を吐き出し続ける

零れ落ちた言葉は
すぐに凍り付いて
私の心を覆い尽くしていくだけなのに

ぽつりぽつり

誰かに聞いてほしくて
誰かにわかってほしくて
誰かにかばってほしくて
誰かに叱られたくて
誰かにけなされたくて
誰かに。。。
誰かに。。。
誰かに。。。
誰かに。。。

独り言がやまない

いつか。。。
私の言葉は
誰かに届きますか?

いつか。。。
私の言葉は
あなたに届きますか?

いつか。。。
私の心にも
春が来るのでしょうか。。。

003083.png


スポンサーサイト
投稿日:2016/03/23
TB(-) | CM(0) | | Page Top
鬼。。。
昔はやんちゃな隣のじぃちゃん
刺青入れて
喧嘩して
肩をいからせ生きていたって
噂に聞いたことがある

月日は流れて
歳とって
今じゃ優しい隣のじぃちゃん
今朝も早くに起き出して
乾布摩擦で健康づくり

タオルでこする背中には
目尻の下がった鬼一匹 

昔は怖い顔をして
世間を見据えてきた鬼が
今じゃたるんだ背中の上で
毎朝、タオルでこすられる

イチッ ニイ
イチッ ニイ
イチッ ニイ~ サァ~ン

じぃちゃんの掛け声にあわせて
しわしわ鬼が笑ってらぁ。。。

s-0801.png


投稿日:2016/03/15
TB(-) | CM(0) | | Page Top
あの震災の日が近づいてきました
新しい夢を見て
新しい旅の
最初の一歩を踏み出すときの
ドキドキ感が好きだった

思い出は。。。
凍えた夜に取り出して
そっと心を温めるアイテム

大切ではあるけれど
明日はきっともっと素敵が
思い出が作れるはずだって

ずっとずっと信じてきた

だから。。。

戻りたい過去なんかなかった

今という時間が大切だし
過去の分かれ道。。。
何度も何度も
迷って。。。
選んで。。。
ようやく巡り会えた今日が
私はいつも。。。
自慢だったから

…………あの日までは

あの震災から
もう五年が経つんだね。。。

悪夢のようなあの日から

あの日。。。
大きく地面が揺れて

あの日。。。
海は怒った

あの日。。。
プロメテウスがしかけた
パンドラの箱が開いた

あの日。。。
なんにも知らない私たちは
なんにも知らされぬまま

ただ。。。天と地の狭間で
怯えた

沢山の未来が消えた
沢山の夢が弾けた

そして。。。

沢山の命を
私たちは失った

あれから。。。五年
テレビでは、あちらこちらで
特集が組まれ
あの日の映像が
次から次へと
画面から溢れてゆく

私は息が苦しくなる

テレビ画面から流れる
クリアすぎるあの日の残酷な現実を
目の当たりにすると

どうしても考えずにはいられない



あの中にいったいどれほどの
想いが渦巻いていたことか

どれほどの叫びがあったのか

どれほどの悔しさがあったのか

どれほどの恐怖があったのか

どれほどの悲しみが
どれほどの苦しみが

どれほどの。。。どれほどの
どれほどの。。。どれほどの

命があったのか

それを思うと。。。
心臓が誰かにぐっと掴まれるみたいに
痛くなる
痛くなるんだ


子供たちの遺影が並ぶ被災地
その前で、泣きながら手を合わせている人々

どんな言葉も探し出せない
圧倒的な。。。悲しみ

太刀打ちできないよ

私。。。
明日が好きだった
どんな時でも
未来に光は見い出せるものだって
信じてた

でも。。。
失った命は。。。帰らない
どんなことをしても


戻りたい過去なんかない

そう思って生きてきたけど

今夜は。。。
こんなことを思うんだ

もう一度。。。

五年前のあの日に
戻してもらえないだろうかって。。。

地震も
津波も
放射能もないことが
ただ。。。当たり前だった
あの日に
もしも今、戻れたなら

そしたら
今度はきっと。。。
みんなでうまく逃げるから

想定外の大きな津波から
きっと子供たちを守るから

山へ逃げろって叫ぶから
少しでも高いところへ
力の限り、走るから

どこかの偉そうな大臣の
大丈夫。。。なんて言葉信じないで

ただ。。。風上へ。。。
みんなで向かうようにする

雨には濡れないようにする

せめて。。。
初期被爆だけはしないように
場所を選んで避難するから

だから。。。お願い
五年前に
戻してください

リベンジさせてください

奪った命を返してください
次は絶対。。。
守り抜くから!!!

ふぅ。。。

どんなに願ったところで

そんなこと。。。
無理に決まってるんだけど
わかってはいるんだけど

それでも、やっぱり願ってしまう
祈ってしまう

もう一度。。。最初から
あの日をやり直させて欲しい

失敗だらけの
あの日の現実を
今日はテレビが流している

嫌というほど。。。

time300.jpg


投稿日:2016/03/08
TB(-) | CM(0) | ブログ | Page Top
悔いなき人生
たとえ。。。
夢は叶わなくても
たとえ。。。
想いは届かなくても
たとえ。。。
何度失敗を繰り返しても
たとえ。。。
どんな不運に見舞われたとしても

せめて、悔いなき人生を。。。

人は誰でもそう願う
たった一度の人生だから
そう考えるのは
みんな、おんなじ

私だって
そう思って生きてきたし
これからも
そう思って生きてゆくのだろう

だけど、現実に
長年生きてきて思うのは

どの道を選んでも
悔いは残るということ
完璧な幸せなんて
どこにも無いから

どこにいても
隣の芝生は青すぎるし

そこにいつも
自分はいない。。。

それでも
目一杯頑張ったすえの
悔いだらけの人生なら
悪くないかな

何もしないよりはマシ
それは、確かなはずだから

gahag-005870.jpg
投稿日:2016/03/03
TB(-) | CM(0) | | Page Top
私は、鬼になることにした
鬼と呼んでもらって結構だ
いろいろ考えて
いろいろ悩んで
そう決めたのだ

鬼になったところで
事態は好転しないかもしれない

もしかしたら
最悪の結末を選んでしまっているのかも

色んな人を傷つけて
取り返しがつかなくなる可能性もある

でも
それでも

私は鬼になる
そう決めた!!!

私は鬼だ

来るなら来てみろ。。。

桃太郎!!!

000354.png
投稿日:2016/03/02
TB(-) | CM(0) | | Page Top

プロフィール

春待ちの詩

Author:春待ちの詩
言葉が好きです

だから。。。

書いてみようと思います

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by FC2 Blog / material by 刺繍糸 / design by 俺様と猫缶

Copyright © 隣の芝生は青すぎて。。。 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。